開催中

ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて

2018年2月10日[土]~ 2018年5月6日[日]

■企画展

芸術は、いわば「危険早期発見装置」である。そのおかげでわれわれは、社会的、精神的危険の兆候をいち早く発見でき、余裕をもってそれに対処する準備をすることが出来るのである。*1

これは1960年代に鋭い先見性で、新しい技術がもたらす社会変革を予見したメディア批評家マーシャル・マクルーハンの言葉です。彼が活躍した時代から半世紀が過ぎた今、インターネットが社会に浸透し、人工知能などの新しい技術革新が進められています。「どんな技術も、次第に、まったく新しい人間環境を作り出していく」*2という同氏の言葉通り、テクノロジーは人類に全く新しい世界をもたらしてきました。こうした変革は、希望に満ちた新しい時代のドアとして期待される一方、さまざまな問題や混乱が危惧されています。技術革新がもたらす時代の光と影について、アーティストはどのように反応しているのでしょうか。本展は、革新と混沌が交錯する現在、そして未来に対し、鋭い感性で応答する国内外のアーティスト8組の作品を通し、テクノロジーが作り出すこれからの社会について考える機会を創出します。
*1、2 :マーシャル・マクルーハン著、後藤和彦・高儀進訳(1967)『人間拡張の原理』竹内書店刊

【参加作家】
デヴィッド・ブランディ、小林健太、サイモン・デニー、セシル・B・エヴァンス、エキソニモ、レイチェル・マクリーン、ヒト・シュタイエル、谷口暁彦

詳細


予告
「ハロー・ワールド  ポスト・ヒューマン時代に向けて」関連プログラム

アーティスト・トーク 谷口暁彦

2018年4月30日[月]

十和田市現代美術館を含め国内外の美術館・芸術祭などでキュレーションを手がける金澤韻をゲストに迎えて、出品作家の谷口暁彦のアーティスト・トークを行います。本展で展示している監視カメラの作品を出発点に、情報空間と現実空間を断続的に行き来する今日のリアリティなどについて議論します。

詳細


予告

昨年の展示より草月流

第50回記念水戸市芸術祭

いけばな展

2018年5月18日[金]~ 2018年5月20日[日]

九流派が、長い歴史と文化を背景にその精神と技を活かして個性的かつ創造的ないけばなを展開します。大小さまざまな展示スペースに合わせて現代的でダイナミックに活けられる花木たち。そのモダンな作風の中にも、伝統の美と繊細な表現が混在し、当ギャラリーならではのいけばなをご体感いただけます。
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで) 
*20日(日)は入場16:30まで、17:00閉館
入場無料
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
出品流派:池坊、小原流、花芸安達流、錦城古流、広山流、古流松應会、古流松藤会、草月流、龍生派

詳細


予告

「水戸の風2010」展示風景 撮影:大谷健二

第50回記念水戸市芸術祭特別展

水戸の風2018

2018年5月25日[金]~ 2018年7月8日[日]

水戸を中心に活躍している作家の大作を紹介します。2001年以来4度目の開催となる本展は、多くの方々にご鑑賞いただけるように、「美術展覧会」と同時開催いたします。

詳細


予告

昨年の展示風景

第50回記念水戸市芸術祭

美術展覧会 第1期
(日本画、洋画、彫刻、インスタレーション)

2018年5月25日[金]~ 2018年6月14日[木]

日本画や洋画、写真、インスタレーションなど幅広いジャンルにわたり紹介している美術展覧会。多数の市民の方々より応募いただいた中から選ばれた力作を、2期に分けて展示いたします。見ごたえ十分の展覧会にどうぞご期待ください。

会期:5月25日(金)~6月14日(木)
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
*休館日:月曜日
入場無料
※インスタレーションの会場は常陽史料館(備前町)

詳細


予告

昨年の会場風景

第50回記念水戸市芸術祭

美術展覧会第2期
(書、写真、デザイン、工芸美術)

2018年6月19日[火]~ 2018年7月8日[日]

第2期では、書・写真・デザイン・工芸美術部門の作品を展示いたします。それぞれの表現方法を通して、出品者の創作にかける思いが伝わってきます。

会期:6月19日(火)~7月8日(日) 
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
*休館日:月曜日
入場無料
※工芸美術の会場は常陽藝文センター(三の丸)

詳細


< prev|  1 | next >


↑このページのトップへ